たった過去に二回だけ

私は40代二人の子を持つ主婦です。実家の両親と同居しているため我が家は大家族で、その上猫などのペットも飼っているので、たくさんの洗濯物に追われる日々を過ごしております。私がまだ独身の頃は、洋服など購入する際には比較的質の良いものを選び、季節が変わるごとに、こまめにクリーニング店へお願いしに行ったものです。今ではそのコストを考えると、すっかり利用頻度は落ちてきましたが、それでも時々、すごく大切に着ているコートなどは、クリーニング店にお願いしています。これまでおクリーニング店に出した洋服のほとんどが満足を得る仕上がりで手元に戻るのが多かったのです。ただ、過去にさかのぼると二回だけ、かなり納得のいかない状態で返却されたことがありました。もちろんそのクリーニング店を利用することは、後にも先にもあの一度だけ・・・。
 それは、夫のお気に入りの厚手ジャンバー、左胸のところに変わった模様が入っていました。洋服好きの夫は、休日にわざわざ東京まで足をはこび、一日かけて
お気に入りの一着を購入してきた大切なものでした。それをそのクリーニング店にお願いしたら、返却されたときの状態といったら、それはもう本当にひどいものでした。そのジャンバーのデザインのメインでもある、左胸の模様がボロボロになってはがれおちてしまっていたのです!しかもそこの受付の方からは何の説明もありませんでした。あらためて何か手だてはないのか、保障はしてもらえないのか問い合わせてみると、自分たちの責任のがれのようなことばかりを言ってきて、表向き仕方ない様子で一言、多くても二言程度、受付の方から謝罪の言葉を頂いただけでした。受付の方にいってもそれ以上らちがあかないように思えたので、上の上司のかた、もしくは責任者を呼んでほしいとお願いしてみました。すると受付の方は本部かどこかに電話をいれたのち、やはり責任者は事情があってこられない、電話にも出られない、との状況を話されました。その時に、これはもう受付の方の対応云々ではないと感じました。きっと、その会社自体のマニュアルや、そういった問題が発生した時の対応をきちんと教育していない会社の実態に問題があるのだろうと思い、そこで私はジャンバーについて全てをあきらめこととなりました。
 もう一店については、引き取り日に行ったのにもかかわらず、まだ仕上がっていなかったことです。そのときは会社の制服だったので、「かならず明日には用意しておいてください。」と言い残し、翌日もう一度行ってみると、まだ仕上がってないとのことで、そのまま30分くらい待たされました。
 でも考えてみれば、これまでたくさんクリーニング店を利用してきた割には、こういったハプニングは少ない方なのかもしれません。これからも今お世話になっているお気に入りのクリーニング店を末永く利用していきたいです。